] -->

WILDっ娘nest

自分で見たことがある生き物を中心に、擬人化したりしなかったりやってます。注)例外として、自分では見たことない生き物の絵も少しあります。また、擬人化する上で色や形状が雄の特徴で描かれている娘が多々おりますが、中の娘は基本的に女の子です。一種の男装であるとお考えください。

ヨツモン再来

西表行ってきました。
が、ひたすら延々ずっと土砂降り&強風でチャマルだのヤサガタだの言える状況じゃありませんでしたorz
ほとんど何もできなかったので、今まで後回しにしていたものを採集しようとしたんですが、いつもいるハラビロカマキリすら♂しか出ませんでした。

そんな有様でただ一つテンション上がった獲物が↓
よつモン2017
2017.10.21
ヨツモンオオアオコメツキ! 2個体!
赤いのと緑の!紋は両個体とも2紋でした。

2010年にnkjさんから貰って以来…というか自力では初めまして、か。
行くたびに多少なりともいつも探していたんですが、見つかったのは潰れた死体とか翅だけとか。ようやく生きたやつ採れました。まぁどちらかっていうと偶然なんですが…

ヨツモン見てたらまたノブオオ見たくなってきました。標本はあるけどやっぱり野外で見る生きたやつが一番綺麗ですし。


あ、ヤマネコは今回も見られました。若いっぽい小型個体。
スポンサーサイト
  1. 2017/10/21(土) 22:58:57|
  2. 昆虫
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

オオカマキリ

今年は少ないですが、いつも庭にいます。よく花で虫まってます。

オオカマキリさん
2011.10.20

ちと古いですが、オオカマキリさんです。(チョウセンカマキリさんの色変えパーツ変え)
言わずと知れたカマキリの代表種です。四天王の中でも最も目に付きます。
かっこいい印象が強いカマキリですが、本種はハラビロと並ぶ可愛さです。デカいせいか表情や仕草の愛嬌がよく目立ちます。

オオカマスキャンver.
2017.10.13

人気昆虫なので、カブト、ノコクワについで描く機会が多い虫ですが、毎回ろくな出来になりません。
カマキリにかぎらず、本種のようなつや消し緑の虫は、描いても立体感が出しにくいです。って当たり前だ!そのための配色なんだもん!そうやって立体感消して平面になりすまして葉っぱだと言い張るのが連中の狙いなんだから!
で、画材でもあんまいい緑が出せない…
そんでもって、どう描いても毎回印刷でさらにろくでもないものになってしまうorz 緑系は難しいと毎回言われてます。
あー俺のせいじゃないもん。色違うとか言われても知らんもん。俺ちゃんと描いたんだもん!

無論、家庭用スキャナでもそんなにいいスキャンできる訳もなく、フォトショでいじっても大して原画に近づかない。
しかたないのでとりあえずデジカメで撮影したver.も載せときます↓
オオカマ撮影ver.
ろくな写りじゃないのはスキャナも写真も変わらんか…
内鎌の黄色が強く写りすぎてる!

3種比較
ざっくり識別。
オオカマは鎌の間が黄色。羽は黒紫。

どうでもいいけどオオカマってよくあんな個体密度で生息できますよね…
あれだけの大きさ、あれだけの捕食性で、とくに縄張りを作るでもなく同じ茂みに何匹も。割と至近距離で。
  1. 2017/10/14(土) 04:05:42|
  2. むし(昆虫)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ヤサガタコカマキリの成長写真

多数羽化したヒノマルコロギスを採集現場に放すために5月に西表島まで行きました。荷物的に半数が限界でした(残りは飼育)が、無事昨年採集した御神木に放すことができました。(無論、採集地点以外で放すのは論外。だから基本的に逃せない生き物はあまり殖やしたくない。殖えすぎたとて知人に渡すことはあっても、売っちゃえるほどヒトを信用していないし…  殖やせぬゆえ「累代こそ使命!」みたいな種にはとてもじゃないけど手は出せぬ。自力で採集したやつじゃない限り採集地点なんて不確かすぎて逃せない。)
ついでに野生のヒノマルにも再会したいと思っていたところ、その晩のうちに2個体見ることができました。

で、目標のメインもサブも1夜目にして達成できたわけで。
2夜目は気楽に街灯周り。と言っても西表は山の中には外灯ありません。あるのは集落かせいぜい畑の周りといったところ。と、なると外灯目標はやっぱりヤサガタコカマキリ…まぁどうせ無理なんだけどね、与那国で縁ができたと言っても昨年秋の西表ではさっぱりだったしね。でも昨年と同じところしか心当たりある環境ないんだけどね〜…と、よくウスバカマキリやオキナワオオカマキリが飛来する外灯を見に行ったら、え?マジでいるじゃん!!?
というのが今年5月23日〜24日の出来事で…
P1120805 のコピー
その時採集したヤサガタに雌雄がそろっていたので、交尾させました。


以上、長い前置き終わり。



卵2017
で、産卵しました。

1齢
およそ20日で孵化。
スケール入れてみましたが、脚の高さ分の誤差とカマキリ自身のポージングであんまり意味ありませんね。

2齢
2齢

3齢
3齢

4齢
4齢

5齢
5齢

6齢
6齢
懐かしい。昨年与那国で見た姿。

新成虫
新成虫
6齢で終齢がほとんどですが7齢で終齢も少しいました。7齢終齢からの成虫の方が、6齢終齢からの成虫よりも心なしかデカいような気が。まぁどっちも野外個体と大差ない程度ですが。
飼育下での雌雄比は今のところ8:4で♀のが多いです。それと追加で羽化しそうなのが雌雄1個体づつ。

新交尾
卵は次の西表で放す予定。それ以降に産んだ分のみ育てます。

P1140389.jpg
やっぱり胸赤が綺麗…

野生個体と飼育個体の差はあまり無いようです。私にゃ区別つかない程度です。







2連続で写真ネタやってしまいましたorz
が、これで当分写真ネタやらなくていいはず!
  1. 2017/10/07(土) 01:46:44|
  2. ヤサガタ写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

ヤサガタコカマキリの標本写真

タイトル入れようとすると勝手に推測変換されてまともに書けない。ヤメレ。



まぁ、それはともかくとして。


ヤサコことヤサガタコカマキリの標本写真です。標本も写真も個人的な資料用なので、学術的な意味はあまりありません。撮影設備なんて整えていません。標本も汚きゃ写真も汚いです。んだと!?文句あんなら自分でやりゃいいじゃんよー!!←逆ギレ

与那国1
2014年に与那国島へ行ったときnkjさんが採集した個体。nkjさんが持ってるので私の手元にゃありません。これが我々の初ヤサガタ…ではないのですが、そっちは逃げられてるのでノーカウントかorz この個体の採集により、以前石垣島で逃げられた個体もヤサガタであったと確信できました。余計くやしい!まぁ証拠が残ってるのはこの2014与那国個体からなので、実質これが1匹目です。

集合
集合2
現在、私の手元にある野生個体の集合写真。
石垣のはノーカンとして全10個体見てます。うち上記のnkjさん個体と、2017西表♂1個体を除いた計8個体の標本です。ラベルは撮影の邪魔なので一時的に外しました。スケールも入れてみたけど、そもそもちゃんとした撮影じゃないから画面の端は結構ゆがんでるんよねorzあんま意味ありませんでしたw

で、カマの個体差参考。
与那国1ー
nkjさん所有個体。2014与那国の1匹目のやつ。

与那国2
2016に与那国で採集した個体。採集時は終齢幼虫で、飼育下で羽化した個体です。

与那国3
2016与那国その2。成虫で採集。採集時は体が柔らかかったので、左カマの傷は私が捕獲する際につけてしまったものと思われます。以前のせた威嚇写真の個体です。あの写真では右カマの腿節の内縁刺の基部が「帯状に黒」に見えましたが、実際にはごらんのとおり「1本ずつ黒」になってました。

与那国4
2016与那国その3。採集時終齢幼虫。nkjさんに渡しましたが、羽化しなかったそうです。

与那国5
2016与那国その4。幼虫おそらく終齢。捕獲失敗して千切れてしまった痛恨の個体です。
標本の並び順で紹介していますが、採集順は逆で4→3→2→1です。




西表1
2017.5.23-24西表島個体。この時採集した5個体は全部同じ夜(一晩)に採集したのですが、深夜で日付跨いでいます。正確には、♂1個体23日で残りは24日になってからなのですが、個体識別してなかったのでどれがどれかわかりません。

西表2
2017.5西表その2。
西表3
2017.5西表その3。

西表4
2017.5西表その4。♀とったのが24日になってからなのは確かです。
その夜の流れは、♂→山登る→日付変わる→山降りる→♂→♂→♀→♂でした。




集合l画質荒い…
比較用
比較用にスジイリコカマキリとコカマキリ。後翅の色模様や体型の違いなどの参考に。

西表5
送ったので手元にない2017.5西表♂ってこの個体だったっけな〜
撮影はしたんだけどどれがどれやら。

標本は変色しますが、ヤサガタの胸部の赤は私が見る限り全個体共通です。というかコカマ系自体が個体差少ない感じですよね、たまに緑型が出るけど。ヤサガタの緑型は知りません。というか私はスジイリの緑型すら未見です。
  1. 2017/09/30(土) 19:12:26|
  2. ヤサガタ写真
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

また釣りたいな〜シイラ
いや、ペンペンしか釣ったことないですが。
シイラとガチのひと


俺、この戦いが終わったら、ヤサコの画像整理するんだ…
  1. 2017/09/23(土) 11:07:46|
  2. その他
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

プロフィール

のろhi

Author:のろhi
いい年こいて半人前なイラストレーター(♂)。生物中心に描いてます。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

むし(昆虫) (100)
ゴキブリ類 (10)
コロギス類 (27)
ヒナカマキリ (7)
むし(昆虫以外) (7)
こうかく (11)
なんたい (3)
かんけい (3)
さかな (14)
りょうせい (10)
はちゅう (11)
とり (8)
ほにゅう (12)
リアル (61)
昆虫 (37)
古生物 (15)
立体 (15)
その他 (94)
未分類 (0)
ヤサガタ写真 (7)

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR