] -->

WILDっ娘nest

自分で見たことがある生き物を中心に、擬人化したりしなかったりやってます。注)例外として、自分では見たことない生き物の絵も少しあります。また、擬人化する上で色や形状が雄の特徴で描かれている娘が多々おりますが、中の娘は基本的に女の子です。一種の男装であるとお考えください。

ヤサガタコカマキリ(擬人化)

ヤサガタコカマキリさんです。
八重山の方にいる小型のコカマキリです。
石垣島、西表島、与那国島で見つかっていますが、発見例は少ないです。(両手で数えられる程度?)

ヤサガタさんs
2015.3.26

2009年7月に石垣島で強風に飛ばされて逃がしたヒメカマみたいな大きさのコカマキリが、ヤサガタコカマキリだったっぽい気がしてならなかったのですが、その後一向に再発見でませんでした。
そこで2014年5月に与那国島でブラックライトを試したのですが、飛来するカマキリの数より待ち時間にルッキングで見つかるカマキリの数のほうが圧倒的に多いことが判明。最終夜はライトやめて草むら突撃に全てをかけ、♂1個体の採集に成功しました。nkjさんが。
いや、私はそれを見ていただけですがw
うん。ブラックライト〜のくだりから見てただけ…
いや石垣ん時から見てただけか


というのがこれまでの話です。
結論としては、夜間に草むらに入って目視で探すのが最も効率的です。
つまり狙って探すなら与那国です。石垣西表はハブがいるのでやり難いです。ホンハブじゃないから命はとられないはずだけど、サキシマといえど入院ぐらいはさせられるらしいですし…

で、2016年10月にルッキングオンリーで与那国島に行ってきました。ただしnkjさん不参加ゆえ私ソロで。
チャンスは3夜。昼は下見。
1夜目は強風で草が揺れすぎてルキングにならず。(69mmのウスバカマキリは出た)
2夜目は日付またいだ頃から結露がすごくてカマキリ動かず。
3夜目にようやくどうにかこうにか発見できました。
とまぁ書けば短いですが、1夜目2夜目で強風だろうが結露だろうが日暮れから夜明けまで探し続けて、スジイリすら見つからずウスバやオキナワオオカマもわずかしか出なかったので、3夜目でギリギリひねり出した感じです。余裕無し(汗
3夜目も深夜から夜明けまでは雷雨になっちゃったし。

写真はこちら

発見場所は前回の場所から1キロ以内の近くでした。
環境は前回同様、膝丈のイネ科密集でウスバカマキリが好むような環境です。実際ウスバも出てます。

ヤサガタ
胸部の裏側は、私が見た計5個体では全てに赤い色がありました。個体によって赤紫っぽかったり朱っぽかったり色相は若干違いますが、体色が全体的に薄めの個体でもこの部分ははっきりと赤でした。

コカマ類s
コカマ類
鎌比較-
一応判別点は、前肢の黒い部分が長いことと、前肢腿節の内列の棘の根元の黒が1本ずつ黒いこと(スジイリは黒が帯状につながっている)らしいです。あと後翅はかなり薄いです。

ただ、見方によって棘の黒がつながっているように見える場合もあります。今回採集した中には、左鎌ではつながってるように見えるけど右鎌では1本ずつになっているように見える個体もいました。この部分については固定して至近距離で撮影した詳細な画像を確認しないと判断は難しいかもしれません。

個人的には、見つけた瞬間の判別点としては、前肢腿節の中央付近の黒線の有無が、最も目につきます。
鎌比較
コカマやスジイリでは白い部分との仕切りみたいに入っている黒線が、ヤサガタにはありません。
ただし、この部分はあくまで私の個人的な仮の判別点ですので、学術的な根拠は全くありませんw

ヤサガタ
以前載せたこの♂の絵は上記の黒線っぽいのがありますが、これは勁節先端の棘が収まる溝を描いたら黒線っぽくなってしまっただけです。この2014の♂個体にも上記の黒線はありませんでした。

また、この2014♂は前肢の黄色い紋が鮮やかでしたが、2016では白っぽい個体もいたので、この黄色は個体差がありそうです。

胸部:羽 の比率にも違いが見られます。
コカマやスジイリではだいたい1:2ですが、ヤサガタは1:3でウスバに似た体型です。
胸部比腹というか羽の横幅は状況によって変わるので無視してください。
実際♀成虫を見つけた瞬間も、スジイリの可能性よりウスバの可能性をまず疑いました。まぁウスバより頭小さいですし体型もだいぶ細いのでコカマ類だとは思いましたが。

サイズは♀成虫でも42.5mmぐらい。(胸部先端から翅先端まで)
♂にいたっては初夏の南西諸島の外灯で見かけるヒメカマキリ類(サツマ?)と大差ないボリュームです。

飛来とか土着とか死滅回遊とか諸説ありますが、どの可能性がどうとか私にゃ資料少なすぎて何とも…
幼虫3個体を確認できたので、今期に関しては飛来でない個体もいた、とだけ。

現在飼育中の個体は全部未交尾♀なので、10月下旬に西表島行ったついでに♀1連れてってコーリングで♂狙ってみたんですが、♂来ませんでした。
無念orz
スポンサーサイト
  1. 2016/11/05(土) 22:19:18|
  2. むし(昆虫)
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<イリオモテヤマネコ簡易版 | ホーム | タイトルなし>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://wildmoe.blog.fc2.com/tb.php/323-1b137f76
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

のろhi

Author:のろhi
いい年こいて半人前なイラストレーター(♂)。生物中心に描いてます。

最新記事

最新コメント

最新トラックバック

月別アーカイブ

カテゴリ

むし(昆虫) (100)
ゴキブリ類 (10)
コロギス類 (27)
ヒナカマキリ (7)
むし(昆虫以外) (7)
こうかく (11)
なんたい (3)
かんけい (3)
さかな (14)
りょうせい (10)
はちゅう (11)
とり (8)
ほにゅう (12)
リアル (61)
昆虫 (37)
古生物 (15)
立体 (15)
その他 (94)
未分類 (0)
ヤサガタ写真 (7)

カウンター

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QR